LAMPの契り


先人たちから受け継がれて来た畑とその思いを受け継ぎ 

一人一人がりんご農家としての誇りを持ち

りんごを食べてくださる皆さんの笑顔のために

 

LAMPのビジョン

 

米崎りんごに関わる仕事と人を増やし

米崎りんごを後世に繋ぐ

 

米崎りんごを通じて誰もがイキイキと暮らせる地域作りを目指します。

作り手紹介

りんごづくりをしている作り手たちを紹介します。

松本玄太 代表理事/General manager

広島県東広島市出身。2012年 岩手県陸前高田市に移住。

巡りめぐって米崎りんごに出逢う。

りんごを育て、若者を育て若者たちと笑いながら時には歌いながらりんごを作る…。

そんな場所作りを目指す。

 

 一番好きなりんご:紅いわて


大和田貴史 理事・生産管理総監督/Director

陸前高田市米崎町で100年続く果樹園で育つ。

師匠でもある父の元から離れて初めての畑管理。

試したいこと、チャレンジしたいことを実行に移せる喜びで野心に満ちている。

 

一番好きなりんご:シナノゴールド


村上計太 現場隊長/Chief

陸前高田市高田町出身。

疑問に思ったことはすぐに検索。

いくつもの情報を得た上で最後は畑に足を運び木をみて判断するのが基本姿勢。

   

一番好きなりんご:シナノゴールド


吉田司 交流コーディネーター/Coordinator

陸前高田市広田町出身。

ホテルや飲食、観光業など様々な業界・角度から「食」を見てきて、「食」の原点に立つ大切さを感じ農業入り。

米崎りんごを通して「未来に何を残すか?」あくなき追及は続く

 

一番好きなりんご:さんさ


菅原久美子 マネージャー/Manager

神奈川県横浜市出身。2012年宮城県気仙沼市に移住。

虫全般が苦手で庭に入ることすらままならなかったが、りんご畑で草や虫と戯れている娘が一言。

「イチゴやみかんじゃなくてりんごが食べたい」

この一言でりんご屋になることを決意。 

 

一番好きなりんご:北斗(ほくと)


にぃとはうす構想

ニートの私で何が悪い

ニートが集まり、ニートが巣立つ場所、にぃとはうす。

 

そこでは小さな畑で野菜を作りながら炊事・掃除・洗濯などその日、

そこにいるメンバーで役割やスケジュールを決めながら過ごします。

仕事は商品りんごを栽培し、畑をメンテナンスすること。

 

 最初は元気がなくたって、やる気がなくたって良い。

 何度来たって構わない。ただ、楽だからずっと居るのはダメ。

 最終的にそれぞれの道を築いていければそれが一番だから。

 

 息抜く場所、困った時に頼りたい場所、何となくフラッと立ち寄りたくなる場所。

 

 みんなの居場所、それが「にぃとはうす」

 

***ただ今、構想から実現に向けて準備中***