「やってみたい、なんか楽しそう」「仕事も人生も、次のステップへ進むべきか…」「ギターあるんで1曲歌ってもいいですか?」 実際にこんな人たちが訪れる陸前高田のりんご畑は、”紡ぎ場”のようなもの。雨が降ったら雨宿り、暑すぎたらひと休み。 近所の方が来たら時間を気にせずおしゃべりしてもいい。あなたのDNAに刻まれた日本古来の”なつかしさ”が、目を覚ますかもしれません。

芽吹きの春

3月は穴を掘って植樹、4月の下旬に花が咲いたら一気に畑が活気づきます。5月は花摘みと受粉そして摘果。

収獲の秋は戦い!

9~11月は葉摘み、玉回し、収穫、販売の繰り返し。収獲は喜びもひとしおですが、同時に台風との戦いでもあります。

緑と成熟の夏

摘果は6月いっぱいまで及び、梅雨の季節は雨宿り。7月は木を見直し、8月は草刈りと収穫の準備を粛々と。

貯えの冬

12月には葉も落ち、木は休眠に入り春へ向け養分を貯えます。1~2月は剪定と木こりと薪づくりをしながら、畑の整理と後片付け。



交流イベント

畑におしゃべりしに来た近所のお母さん達とのお茶っこ、民泊のお父さんが参加しているお祭りのお手伝い等、偶発的に交流イベントが発生します。その日ごとに異なるため、ご提案、ご紹介は無理のないスケジュールでご案内いたします。


日帰りプラン

ふらっと来て、ふらっと帰れるくらいがちょうどいい。

旅先の途中で立ち寄れる気まま農業体験です。

午前中か午後だけでも良し、一日をりんご畑で過ごすも良し!

下記以外の時間を希望される場合は、ご相談承ります。

 

滞在プラン

都会からすれば、海と山があるこのまちは異空間。やっぱり誰かに会ってみたい、単純に高田のうまいもん食いたい!という方は、思い切って一泊してみましょう。

旅館から民泊まで、コースは一緒に考えっぺし!

 


 ①    10:0012:00

 ②    13:0016:00

入園料(作業体験料)

 

お一人さま

 1000円(税込み)

    13:00~翌日12:00

 

入園料+滞在費 1泊2日

 

お一人さま

  15,000円(税込み)

 



<メールの場合>

infolamp-yr.org 宛てに

■お名前

■年齢

■性別

■職業

■ご希望プラン(日帰り、滞在、その他)

■ご参加の動機(とりあえずりんごの木に触れたい、田舎暮らしに興味がある、など)

■農業体験のほか、やってみたい/知りたいこと

(地域行事参加、東日本大震災関連見学、など)

■一緒に参加される方がいらっしゃる場合は、その方のお名前、年齢、性別

…を記載いただき、ご送信ください。

 

日を改めましてご連絡いたします。

<お問合せフォームから>

メモ: * は入力必須項目です